181 view

AWS認定資格の難易度ランキングは? 12種類とそれぞれの内容を徹底解説!

AWS認定資格の難易度ランキングは? 12種類とそれぞれの内容を徹底解説! 公開日:2021/10/01
この記事のURLとタイトルをコピーする

こんにちは!現役インフラエンジニアの西本です。AWS初学者の方、AWS初学者を育成する立場にある方を対象とし、AWSを活用した具体例も含めて分かりやすく解説していきます。

目次 [ひらく ▼]

AWSとは?

AWSサービス抜粋

AWSの代表的なサービスとは?

AWSの代表的なサービスには「Amazon EC2」「Amazon S3」「Amazon Cloud Front」「RDS」「Personalize」「CodeStar」「FreeRTOS」などが挙げられます。

AWS認定資格の難易度ランキングは?

  • 1位 – ソリューションアーキテクト / プロフェッショナル
  • 2位 – 高度なネットワーキング / 専門知識
  • 3位 – DevOpsエンジニア / プロフェッショナル
  • 4位 – データベース / 専門知識
  • 4位 – セキュリティ / 専門知識
  • 6位 – データアナリティクス / 専門知識
  • 6位 – 機械学習 / 専門知識
  • 8位 – ソリューションアーキテクト / アソシエイト
  • 9位 – ディベロッパー / アソシエイト
  • 10位 – SysOps アドミニストレーター / アソシエイト
  • 11位 – Alexa スキルビルダー / 専門知識
  • 12位 – クラウドプラクティショナー / 基礎コース

AWS認定資格 12種類とそれぞれの難易度を解説

AWS資格

AWS認定資格は、AWSを利用したクラウドの専門知識を証明する資格です。
2021年11月現在、全12種類の資格が提供されています。

基礎コース

取得するための必要な知識は、半年程の基礎的なAWS経験クラウド業界の知識を持つ人です。
取得難易度は、基本情報処理技術者より少し難しい難易度です。

AWS認定資格

  • AWS認定 クラウドプラクティショナー(CLF) / 基礎・入門向け

アソシエイト

取得するための必要な知識は 、1年程のAWS利用によるクラウド構築の経験がある人です。
または、AWS業務未経験者であっても、AWSの主要サービスの概要やクラウドの一般的知識がある人です。
取得難易度は、インフラの知識があれば2,3か月ほどの勉強期間があれば取得できる難易度です。

AWS認定資格

  • AWS認定 ソリューションアーキテクチャ(SAA) / 設計者向け
  • AWS認定 SysOpsアドミニストレーター(SOA) / 運用担当者向け
  • AWS認定 デベロッパー(DVA) / 開発者向け
ソリューションアーキテクチャ(SAA)
SysOpsアドミニストレーター(SOA)
デベロッパー(DVA)

プロフェッショナル

取得するための必要な知識は、2年程のAWSを利用したソリューション設計、運用、トラブルシューティングの経験がある人です。
取得難易度は、アソシエイトレベルの資格を取得できる方なら同じ2,3か月ほどの勉強期間があれば取得できる難易度です。

AWS認定資格

  • AWS認定 ソリューションアーキテクチャ(SAP) / 設計者向け
  • AWS認定 DevOpsエンジニア(DOP) / 運用担当者・開発者向け
ソリューションアーキテクチャ(SAP)
DevOpsエンジニア(DOP)

専門知識

専門知識には6種類の資格があります。
それぞれ専門性に特化した内容となり、より深い知識と理解が必要になります。

AWS認定資格

  • AWS認定 アドバイスネットワーキング(ANS)
  • AWS認定 データアナリティクス(DAS)
  • AWS認定 データベース(DBS)
  • AWS認定 機械学習(MLS)
  • AWS認定 セキュリティ(SCS)
  • AWS認定 Alexa スキルビルダー(AXS)
アドバイスネットワーキング(ANS)
データアナリティクス(DAS)
データベース(DBS)
機械学習(MLS)
セキュリティ(SCS)
Alexa スキルビルダー(AXS)
この記事のURLとタイトルをコピーする
TOP