139 view

AWS 2022年最新アップデート情報(re:invent)

AWS 2022年最新アップデート情報(re:invent) 公開日:2022/01/20
この記事のURLとタイトルをコピーする
目次 [ひらく ▼]

AWS Cloud WAN

Transit Gateway のペアリングが不要になります。
Direct Coonnect Gatewayのサポートはまだできていません。

Amazon Direct Connect SiteLink

Direct Connectのゲートウェイだけで通信を折り返すことが可能になります。

AWS Private 5G

オフィスなどの特定の区間で提供されるサービスです。
ゆくゆくは日本にもサービスが提供されるかも?
※日本ではサービス展開されていない。

Amazon VPC Network Access Analyzer

VPCを複数使い分ける場合、意図したネットワーク通信が発生していないかを管理することができます。

Graviton3 Processor

新しいARMベースのCPUチップが開発されました。
最大60%のエネルギー効率が向上します。AWSの利用料金も下がります。

AWS Mainframe Modernization

メインフレームを移行させるためのツールです。
メインフレームワークロードの移行時間を最大2/3短縮できます。
例としては、COBOL⇒Javaの変換を自動化し、それをテストできる専用のテスト空間を作れます。

AWS Migration Hub Refactor Spaces

マイクロサービスアーキテクチャの手助けするサービスです。
同時並行運用状態を実現するネットワークを自動で構成してくれます。

Amazon Control Tower Updates

セキュリティセンシティブな環境を運用しているエンタープライズ向け企業に重要なアップデートです。
コントロールタワーがリージョン単位のDenial オプトアウトを実現できるようになりました。

Amazon FSx for OpenZFS

新しいファイルストレージサービスが提供されました。

Amazon Redshift

動的にAWSのウォームコンピュートリソースプールから必要なコンピュートリソースを引っ張ってきます。
これによりRedshiftクラスターを維持する金額を劇的に下げていくことができます。

Amazon Athena ACID transaction(preview)powered by Apache Iceberg

AthenaのSQLデータ操作言語(DML)に書き込み、削除、更新、およびタイムトラベルの操作が可能になります。

Amazon SageMaker Canvas

ノーコードでGUIをベースとして、構造化データに対するAutoMLを実現させるサービスです。

例)売上データや在庫の消費予測の時系列データをCSV形式で持ってる場合

CSVをAWSの管理者画面上にコピーしてアップロードする。
※複数のCSVがある場合はアップロード後に連結します。
予測させたいカラムなどを指定することで、ノーコードでモデルを作ってくれます。

Amazon SageMaker Studio Lab

クレジットカード番号必要だったが、学生がAWSを学びたい場合、敷居が高くなっていた。
2022年2月7日まで、クレジットカード不要で機械学習基盤が学べるようになりました。

AWS SDKs

Swift、Kotlin、Rustに対応しました。
AWSは、これからRustに力を入れていくとのこと。
理由は、言語のつくり上、省電力が期待できるとのことです。

AWS Amplify Studio

Figma(ウェブサービス)で作成したデザインを投入すると、デザインに対応したReactのコードが出てくる。
Reactのコードの中にデータのマッピングなどあらかじめ設定済みのものが出てくる。

AWS re:Post

AWS関連について質問を投げ込めるサービスです。

Amazon EC2 M1 Mac instance(Preview)

MAC M1 Instanceが提供されます。

まとめ

すごい数のサービスがアップデートされましたね。
個人的に気になったのは「Amazon SageMaker Canvas」「AWS Amplify Studio」です。
また、「Graviton3 Processer」 によりAWSのサービスの料金が安くなるのも魅力的ですね!

AWS初心者向け大規模イベント「AWS Builders Online Series」

AWS Builders Online Series は、Amazonが主催するAWS 初心者向け大規模イベントです。
基礎コンテンツのみで構成され、約 3.5 時間で集中的に学習することができます。

この記事のURLとタイトルをコピーする
TOP