99 view

「Never Let Me Go」 退会方法で通常・上級者向けを選ぶポイント

「Never Let Me Go」 退会方法で通常・上級者向けを選ぶポイント 公開日:2022/03/26
この記事のURLとタイトルをコピーする

WordPressで構築したページに退会機能を追加するため、
プラグイン「Never Let Me Go」を使用される方は多いかと思います。

今回は「Never Let Me Go」の設定にある「退会方法」について解説いたします。

退会方法の設定
目次 [ひらく ▼]

通常

ユーザーが退会したとき、データベース上からユーザーのデータが完全に削除されます。

ちなみに、このようにデータを完全に削除してしまうことを「物理削除」と呼びます。

退会するユーザーが投稿した投稿は、「別ユーザーへの割当」という設定で、
別のユーザーが投稿したことに変更できます。
例えば、事前に「退会済みユーザー」というユーザーを作っておき、退会時に割り当てられるように設定します。

上級者向け

ユーザーのデータは残しますが、メールアドレスやパスワードが一見ランダムな文字列に変更されます。
そのため、退会後はログインできなくなり、実質データが削除されたのと同じ状況になります。

データを残しながらも削除したのと同じ扱いにすることを、物理削除に対して「論理削除」と呼びます。

「通常」と違い、ユーザー名などがそのまま残るのがポイントです。

通常・上級者向け、どちらを選ぶべき?

基本的には「通常」を選んで問題ありません

「通常」は、退会したユーザーの情報が残らないので管理がラクになるのもメリットです!

ただし、ユーザーが記事を投稿するWebページであれば「上級者向け」を検討しましょう。
「上級者向け」を選ぶと投稿を行ったユーザー名を残せます
ユーザーが記事を投稿するWebページでも、ユーザー名を残したくない場合は「通常」を選びます。

会員制サイトが制作できるプラグイン「Simple Membership」

無料・有料会員サイトの作り方・カスタマイズ方法は下記コラムをご覧ください。

WordPressの会員制サイトカスタマイズをご検討中の方へ

弊社では、WordPressの会員制サイトカスタマイズをサポートしております。
外部へカスタマイズを依頼したい、何をどうしたらよいかわからない、など初期のご相談も大丈夫です。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

この記事のURLとタイトルをコピーする
TOP