86 view

ShopifyのSNS連携!Facebook・Instagram・Googleへ商品情報連携!

ShopifyのSNS連携!Facebook・Instagram・Googleへ商品情報連携! 公開日:2022/02/21
この記事のURLとタイトルをコピーする

Shopify(ショッピファイ)は、Facebook・Instagram・Google Merchant Center商品情報を連携できます。
ShopifyのSNS連携でできること、商品情報を連携するメリットを解説いたします。

目次 [ひらく ▼]

Facebook連携

Facebookの機能「Facebookショップ」と連携可能。

Facebookショップとは?

Facebookショップとは、Facebookページに、オンラインショップを無料で開設できる機能
「ショップを見る」ボタンや「ショップ」タブが追加され、商品を表示できます。

Facebookショップ

投稿に商品を紐づけ、ECサイトの商品ページへ誘導し、商品購入まで結びつけることもできます。

2022年2月現在、日本ではFacebookショップでの決済は不可
Facebookショップでは導線(リンク)を設置、ECサイトを別で用意し、ECサイトで商品購入する流れとなります。Shopifyと連携する場合、Shopify上の商品詳細ページにリンクすることになるでしょう。

2022年2月現在、米国ではFacebook上での決済ができます。
近い将来、日本でも出来るようになるかも?

Shopifyとの連携でできること

Shopifyで登録した商品をFacebookショップと同期することができます。
Shopifyで商品情報を更新すると、Facebookショップの商品情報も自動更新されます。

通常、商品情報はFacebookの管理画面から登録・更新する必要があり、手間がかかります。
Shopifyと連携すれば、自動的にFacebookショップにShopifyの変更が反映されるので、手間を省けるだけでなく、更新の漏れを防げます。

参照:Facebookチャネルクイックガイド(Shopify 公式)

Instagram連携

Instagramの機能「Instagramショッピング」と連携可能。

Instagramショッピングとは?

Instagramショッピングとは、Instagramにオンラインショップを無料で開設できる機能。
アカウントページに、「ショップを見る」ボタンが追加されます。

Instagramショッピング

※2022年2月現在、ショップ機能はアプリ閲覧時のみ確認可能。

2022年2月現在、Instagramショッピングでの決済不可
Instagramショッピングでは、投稿やストーリーに商品ページを紐づけることができます。
Facebookショップと同じく、導線(リンク)を設置、ECサイトを別で用意し、ECサイトで商品購入する流れとなります。

InstagramもFacebookと同じ運営会社なので、似た仕様のショッピング機能になっているようです。

Shopifyとの連携でできること

Shopifyで登録した商品をInstagramショッピングと同期することができます。
Shopifyで商品情報を更新すると、Instagramショッピングの商品情報も自動更新されます。

参照:Instagramショッピングを設定する(Shopify 公式)

Google Merchant Center連携

Google Merchant Centerとは?

Google Merchant Center(Googleマーチャントセンター)とは、Google上に店舗・商品の情報を登録することで、Googleのサービスで商品情報を表示できる仕組み

Google検索の検索結果や、ショッピングタブに商品情報を掲載できます。
Google検索からECサイトに誘導し、商品購入につなげられます。

Google Merchant Center

Shopifyとの連携でできることは?

Shopifyで登録した商品をGoogle Merchant Centerと同期することができます。
Shopifyで商品情報を更新すると、Google Merchant Centerの商品情報も自動更新されます。

さまざまな媒体の情報を最新にしておくことで、購買機会につながります。

参照:Googleチャネルの要件(Shopify 公式), Googleチャネルを設定する(Shopify 公式

楽天市場連携

Shopify(ショッピファイ)は楽天市場と連携できます
SNS連携よりも強力な連携機能となっています。

まとめ

今回ご紹介したSNS連携はいずれも、Shopifyで登録した商品を他サービスでも使えるというものでした。
Shopifyの連携機能をうまく活用し、ユーザーの購買機会につなげましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
TOP