238 view

会員制サイト制作

会員制サイト制作 MEMBERSHIP SYSTEM
目次 [ひらく ▼]

会員制サイトとは?

会員制サイトとは、会員登録したユーザーに向けたWEBサイトのことです。
会員に向けて情報発信したり、会員同士のコミュニティの場を提供したりします。
商品購入する際、会員登録が必要なECサイトも会員制サイトに位置付けられます。

会員制サイトの目的とは?

会員制サイトの目的は様々で「会員のみ有益な情報を提供したい」「情報と引き換えに会員情報を得てサービスを強化したい」「ユーザー同士のコミュニティを提供し、自社のファンを獲得したい」などがあります。

WEBサイトの3つの公開方式とは?

WEBサイト構築の3つの公開方式とは?

WEBサイトには3つの公開方式があります。

オープンサイト

オープンサイトとは、誰もがアクセスできるサイトです。
会員登録せず、必要情報を入力し、商品購入できるECサイトはオープンサイトになります。

クローズドサイト

クローズドサイトとは、一般公開しない会員限定のサイトです。
ブラウザ上でアクセスした場合、新規登録・ログインの必要があります。

セミクローズドサイト

セミクローズドサイトとは、情報を一部公開し、商品を注文するには会員登録が必要となるサイトです。
クローズドサイトとの違いは、ある程度情報を開示することによって、新規顧客にアプローチできることです。

会員制サイト構築の4つの種類とは?

会員制サイト構築の4つの種類とは?

会員制ECサイト

会員制ECサイトとは、情報を一部公開し、商品を注文するには会員登録が必要なサイトです。
マイページにアクセスする時や、注文する場合に新規登録・ログインの必要があります。

会員制情報サイト

会員制情報サイトとは、会員のみが閲覧できる情報があったり、資料ダウンロードができるサイトです。

会員制サポートサイト

会員制サポートサイト とは、 サービスの契約者だけがアクセスできるサイトです。
サービスに関する情報や、お問い合わせなどのサポートが受けられることが特徴です。

会員制オンラインサイト

会員制オンラインサイトとは、会員のみがオンラインセミナーを受講できたり、動画視聴できるサイトです。
会員制のコニュニティであるオンラインサロンもこちらにあたります。

会員制サイトを制作する3つのメリットとは?

会員制サイトを制作するメリットとは?

① <販促的観点>顧客リストが増える

無料の場合も会員登録の必要があるため、メールアドレスを入力してもらえます。
メールアドレスを管理できれば、メルマガを発行するなど、継続して顧客にアプローチすることができます。

② <販促的観点>顧客と継続的な信頼関係を構築できる

メルマガや会員限定コンテンツで、有益な情報を提供できれば、良好な関係性を築けます。
会員制サイトは、何度も訪問してもらえるほど、近しい存在と認識してもらえるようになります。

③ <販促的観点>最小のコストで売上に貢献する

関係性が構築できれば、新規顧客と比べ、最小の労力とコストでサービスを提供できる機会が増えます。
会員サイトが有料か無料かに関わらず、優良な会員制サービスを作れることが、今後のビジネスを左右します。

会員制サイトを制作する2つのデメリットとは?

会員制サイトを制作する2つのデメリットとは?

会員が増えなければ効果が期待できないこと

何もしなければ会員は増えないため、会員を増やすために施策を行う手間がかかります。

運用・管理の手間がかかること

会員からクレームをもらわないために、運用・管理は慎重に行う必要があります。
大規模なサイトになると、管理担当者の配置が必要な場合も考えられます。

会員制サイトの6つの作り方

会員制サイトの6つの作り方

会員制サイトを作る方法は多く、無料・有料のものを6パターンご紹介します。
それぞれのシステムで目的が実現できるか、目的により最適なシステムは異なります。

1.Facebookの非公開グループ機能(無料)を活用する

管理者が許可した人のみが参加できるFacebookの非公開グループ機能を活用し、会員限定に情報提供できます。

2.LINEオープンチャット機能(無料) を活用する

LINEのオープンチャット機能を活用し、会員限定の情報を提供できます。
「公開設定」を【参加の承認】にすることで、管理者許可が必要なグループを作成できます。

3.LINE公式アカウント機能(無料/有料) を活用する

LINEのビジネス用に使える公式アカウント機能を使うことで、会員限定に情報提供できます。
無料アカウントで、1,000通/月までのメッセージを送ることができます。

4.動画共有サイトVimeo(有料)を活用する

有料の動画をアップロードする場合は、Vimeoを使用します。
動画販売や、セキュリティ対策を考慮する場合、月額2,000円のPROプランがおすすめです。

5.オンラインスクール作成サービス(無料/有料)を活用する

複数動画をサービスとしてオンラインスクールを構築できるサービスを使う方法もあります。

6.WordPress(CMS)でサイトを構築する

本格的な会員制サイトを作りたい場合、WordPressがおすすめです。
できることは幅広く、会員登録機能を追加でき、会員区分別に閲覧できるページを分けることもできます。

会員制サイトデザイン 参考リンク集

日本国内の様々な会員制サイトのデザインを閲覧できるサイトをまとめました。
デザインイメージの参考にしてみてください。

会員制サイト制作をご依頼いただく際、これらのギャラリーサイトを参考に、イメージに近いものを3つ程度お選びいただき、ご相談いただけるとスムーズな対応が可能です。

ホームページ制作実績

ホームページではお客様との制作に関する契約上、一部の実績のみを公開しております。
その他の制作実績も豊富にご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社医薬情報ネット様
株式会社MAISON MARC様
株式会社BBE様
不二観光株式会社様
株式会社プライムパーソン様
ミッション・ピープル・システム株式会社様
Skateboarding in Tokyo
huenica様
トライプラス 鎌取駅前校様

制作実績はこちら

お客様の声

SD WEBWORKSを選ばれた決め手、制作・クオリティの満足度などの反響をお伺いしました。

株式会社NewBeginningsJapan様
株式会社ピーシーエキスパート様
銀海社労士事務所様

お客様の声はこちら

まとめ

会員制サイトで関係性が構築できれば、新規顧客と比べ、最小コストでサービスを提供できる機会が増えます。
会員制サイトが有料か無料かに関わらず、優良な会員制サービスを作れるかがポイントです。

SD WEBWORKSではこれまで、200サイト以上のホームページ制作に携わってまいりました。
会員制サイトの新規制作・リニューアルを検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

制作の流れをみる

お問い合わせ

    資料などの添付されたいファイルはfirestrage などのサービスをご利用ください。

    お名前(漢字)必須
    お名前(フリガナ)必須
    電話番号任意
    メールアドレス必須
    メールアドレス(確認用)必須
    制作内容必須
    ホームページを新規制作ホームページをリニューアルその他
    対象サイトURL任意
    想定ご予算任意
    連絡方法必須
    メール電話メール・電話どちらでも
    お問い合わせ内容必須


    TOP